グローバルナビ
お問い合わせ
骨と腸にはたらくオリゴ糖

社長挨拶

当社は1958年創立の東海糖業にその源を発し、1960年には世界初の直接煎糖法による無水結晶ぶどう糖の製造を成功させました。
以来、ぶどう糖を中心に異性化液糖、水飴、デキストリンなど各種糖化製品を製造する一貫糖化メーカーとして発展して参りました。
結晶ぶどう糖では食品用と医薬用を合わせて約6割(推定)の国内シェアを持つまでとなり、医薬品、食品原料供給メーカーとしての地歩を固めて参りました。
また、少子高齢化と健康志向拡大を受け、2011年よりは乳酸菌培養事業への取組みを本格化致しました。2016年に乳酸菌製造設備を増強し、国内有数の受託培養規模を誇ります。
2020年末からは「穀物ソリューションカンパニー」昭和産業グループの一員となり更なる発展を目指しております。

当社は経営理念の下に以下の3つのビジョンを持ち、事業を進めて参ります。

  • サンエイ糖化の経営ビジョン
  • 予防、治療、療養の医療全局面で社会に貢献する。
  • 強みが発揮できる独創的なニッチ分野を数多く発掘し、その分野でのトップを目指す。
  • 社会的使命の重要さを認識し、社員が誇りを持ち働きたい会社日本一を目指す。
これからも社会と顧客の皆様のお役に立てる企業であり続ける為、糖の領域に留まらず、より広い分野で『人々の健やかで潤いのある生活』に貢献して参ります。

サンエイ糖化株式会社代表取締役社長 太田 隆行
代表取締役社長 太田 隆行